企業不動産コンサルティング事業

企業の不動産に対する価値観はこの数年間で大きく変化してまいりました。
企業が、資本効率の最大化および、本業への集中を図るために、本業に使用しない不要な不動産を処分する傾向が定着してきました。

また、本業に使用する不動産(オフィス、商業施設、工場、流通施設など)についても、賃借や証券化によって貸借対照表上の資産としない考え方が大きな流れになっています。

  • 価格下落リスク
  • 流動性リスク
  • 法制度変更リスク
  • 地震・火災等の災害リスク
  • 陳腐化・劣化リスク

などのリスクを遮断しながら、企業成長のために必要な不動産を確保するための模索が始まっているのです。

このような会社の不動産利用活動はコーポレートリアルエステート(CRE:Corporate Real Estate)といわれています。経営全体の戦略とCREマネジメントの整合性が取れるように立案し、実行することが重要になってきました。

南栄開発では、不動産運用のノウハウを活かし、企業様に対して、CREコンサルティングを行っております。

リスクを減らしたい。有効活用したいという企業様はぜひ南栄開発までご相談ください。