不動産調査業務

土地に関する物的デューデリジェンス業務

デューデリジェンスとは
デューデリジェンスとは、1990 年代の後半に、国内において不動産証券化の動きが始まり、これら売買やオフバランスを含む不動産流動化に必要な手続きとして登場しました。
これは、投資家(購入者)が投資判断(購入判断)を行うために必要となる事項に関する詳細な調査で、不動産に関していえば法律、経営面、施設及び環境等に関連して①法的調査、②経済的調査、③物的調査の3つに区分されます。
このうち、物的調査に関する報告書をエンジニアリングレポートといいます。

エンジニアリングレポート

エンジニアリングレポートとは
デューデリジェンス等で行われる各種調査のうち不動産の物的調査についてまとめた報告書で、経済的調査や法的調査とあわせ、対象不動産の適正価値を判断する上で重要な資料となります。
証券化や売買など不動産取引の場面で利用される他、自社使用不動産のファシリティマネジメントにおける調査資料としてもご利用いただけます。
ご利用の目的や期間に応じて、必要な調査内容を選択していただけます。
南栄開発のエンジニアリングレポート
企業様の不動産保有・売買時のコンプライアンス維持のためにも、是非弊社のエンジニアリングサービスをご利用ください。